家賃交渉をしよう!少しでも家賃を下げる意味とは

家賃交渉は賃貸物件探しの基本

家賃が少しでも安くて快適な住まいを見つけたいとは誰もが思うことですよね。賃貸物件探しをするときにはまず家賃がどのくらいかという点から考え始める人が多いはずです。しかし、家賃は自動的に決められているものではなく、オーナーが相場や利益を考えて設定しているものなので、オーナーが良いと言えば下げることもできます。少し家賃が高いけれど良い物件を見つけられたときには家賃交渉を行ってみましょう。賃貸物件探しの基本として覚えておくと良い点です。

家賃交渉をする二つの意味

家賃交渉をして家賃を下げることができれば毎月の出費が減らせるというメリットがあるのは誰でもわかりますよね。それに加えてもう一つの意味があります。初期費用としてかかる礼金や敷金、仲介手数料も家賃から計算されるので、家賃を少し下げるとこれらが全て安くなるのです。合わせると何万円という節約になる場合もあるので、たとえ家賃が高いと感じていないときでも初期費用を抑えるために家賃交渉をするのも賢い方法となります。

家賃交渉に大切な相場感と根拠

家賃交渉を成功させるためにはただ下げて欲しいと言っているだけでは不十分です。オーナーも不動産会社も基本的には下げたくないと考えているので、根拠をもって下げるのが適切だと論破する気持ちが重要になります。まず相場感を手に入れて、相場よりも家賃が高いと指摘できる点を見つけ出しましょう。設備や立地、築年数や周辺環境などの様々な要因を考えることができます。周囲の物件と比較して少しでも劣る面があれば、それを根拠にして家賃交渉を行えるでしょう。

賃貸住宅の魅力は、気軽に引っ越しが行えることにあります。実際に家を持っているとなかなかそんなわけには行きません。