あなたはどっち?注文住宅と建て売り住宅のメリットデメリット!

家の探し方と住宅の種類

これから何年後かに家を購入する予定がある方々はどのような家を探しているのでしょうか。住みやすいことや子供の教育に良い場所、探し方は様々だと思います。現地の見学会や住宅展示場に行くと思いのほか新しい発見があり、イベントをやっている時もあるので、子供と一緒に親子で楽しむこともできます。さて、住宅には大きく分けて建て売りと注文住宅の2種類があるのはご存知ですか?それぞれにメリットとデメリットがあるので、しっかり知っておきましょう。

建て売り住宅の良いところ

建て売り住宅は建っている家をそのまま購入するタイプの家のことをいいます。既に出来上がっている家を見学してから購入することができるので、慎重に何件も周り、その中からたった一軒に絞り込むことができます。そのため、失敗した買い物に繋がることは少なく成功しやすいです。しかし、周りに同じような家が並んでいることが多いので、オリジナリティを大切にしたい方にはあまりお勧めできません。構造面も出来合いのため、不満があったらリフォームをしなければならなくなるデメリットもあります。

注文住宅は思いのままに

注文住宅は土地の選定から家が出来るまで全てに関して関与することができます。そのため、お金をかければ無限大にお洒落かつ頑丈な家を作ることができます。そして、理想的な家を作っているため、後々の後悔は少なく、愛着をもちやすいです。しかし、現実は予算は決まっているので少し妥協が必要になります。建て売り住宅と注文住宅、どちらも魅力的な物件であるので、しっかり購入するプランをたてて、見学には積極的に参加しましょう。

注文住宅とは、購入した土地に建築士や住宅メーカーが依頼に応じた家を建てることです。建て主の希望に沿った家を建てることができます。