居抜き物件の多様化!開業するなら一度は確認が大切

開業と閉店の繰り返しが起こる状況

近年の日本社会では開業して事業を成功させようとする人が多くなってきています。しかし、個人事業主として開業して成功できる事例はそれほど多いわけではありません。結果として開業したけれど閉店してしまうというケースが多くなりました。その際に借りていた店舗物件の原状回復が困難になるケースもあり、対応策としてオーナーや不動産会社が居抜き物件に目を向けるようになっています。繰り返す開業と閉店に着目した事業として着実に拡大されてきているのが現状です。

飲食店からクリニックまで幅広い物件

居抜き物件を取り扱う不動産会社も登場したことにより、扱われている店舗物件も幅広くなりました。飲食店としてレストランやカフェが多かったものの、需要が伸びている影響によって多様な店舗物件が扱われるようになっています。内科や歯科などのクリニックの物件もあれば、各種小売店の店舗も居抜き物件として利用できるのが現状です。また、オフィス物件なども流通するようになっているため、設備を安く手に入れたいときには有用性が高い選択肢となるでしょう。

タイミングが大切な居抜き物件の確保

居抜き物件を利用しようと考え始めたときにはタイミングを逃さないようにしましょう。値打ちの高い物件を狙っている人は少なくないため、登場した途端に借り手がついてしまうことはよくあります。不動産会社に連絡しておいてすぐに紹介してもらえるように手配しておかなければ望んでいる居抜き物件を手に入れるのは困難です。多少の苦労があるとはいえ、どのような店舗でも見つけられる可能性を秘めているため、積極的な活用をしましょう。

店舗物件は特定の業種に適した造りになっていることが多いので、利用する際は価格や立地環境だけで即決せずに必ず下見を行うように心がけます。また、快適に利用するためには設備の状態も確認することが大切です。