賃貸探しを始めよう!事前に行っておく三つの作業

住宅に求めることは何かを列挙

賃貸探しを始めるときにまず大切になるのがこれから住む住宅に何を求めるかを考えておくことです。必要や設備や間取り、地域や周辺施設へのアクセスが典型的な条件です。築年数から見た安全性や周辺地域の治安なども考慮に入れる必要があるでしょう。何が必要で何が不要かは人によって異なります。自分なりに考えて必要を感じる項目を列挙して、何が必要かを明確にしておくのが重要です。それをもとにして候補を絞り込んでいくことになります。

家賃の理想額と上限額を決定

住宅に求めることに加えて重要なのが家賃の設定です。毎月支払って問題のない金額がどの程度かを予め考えておく必要があります。理想額と上限額を決めておくのが無難な方法です。一般的には給与の3割程度を上限とするのが良いとされていますが、自分が望んでいる生活にかかる費用や貯めたい貯金の金額によって自分なりに考えましょう。ここで定めた理想額と上限額の間に家賃が収まるように賃貸物件を吟味していくことになります。

準備できる初期費用を確定

賃貸物件を借りる際には初期費用が必要です。これから新しい生活を始めるためには引越し費用や家具や家電の手配にかかる費用などもかさむことになります。その点も考慮して、初期費用にどれだけ割けるかも考慮しておくのが賢明です。仲介手数料や敷金、礼金などを合わせると家賃の半年分以上になる場合もあるので、その上限額を確定しておきましょう。その範囲内で探していると不動産会社に伝えると、場合によってはオーナーと交渉して下げてくれることもあります。その意味でも考えておくことが重要なのが初期費用なのです。

おしゃれなマンションからアパートまで、若者に適した物件探すなら、札幌市北区の賃貸から探してみましょう