契約前に確認!鍵を受け取ってからでは遅い確認事項とは

契約前には重要事項を確認

賃貸契約をする段階になると不動産会社から重要事項の説明を受けます。その内容を理解せずに契約書にサインをしてしまう人もいますが、その内容に納得できないと主張してもサインして鍵を受け取ってからでは遅いので注意しましょう。少しでもわからない点があったり、不満に感じることがあったりしたら、そのときが最後の交渉のチャンスです。重要事項説明は不動産会社側の義務なので、わからなければわかるまで説明してもらえるでしょう。

心配ならもう一度内見に行くのも可

重要事項説明を受けて内容を理解するのも大切ですが、本当に良い物件なのかをもう一度確認しておくのも重要なことです。思い返してみて心配があるのなら、そこでサインしてしまわずにもう一度だけ内見をしてみたいと告げるのも良い考えでしょう。もう今日には入居しなければならないというときでも、その場で内見させてくれることはよくあります。賃貸契約を慎重に行って後悔しないために、内見で最終確認をすることも念頭に置いておきましょう。

持ち帰って考え直しても大丈夫

もし今日すぐに契約しなくても大丈夫というときには、契約書や重要事項等説明書などの一連の書類を持ち帰ってよく考え直しても問題ありません。その日に契約する予定となっていても、内容がよくわからないから吟味したいと告げれば不動産会社も納得してくれます。一度落ち着いて内容を確認してみると、契約内容に不満が見つかることはよくあります。慌ててサインをしてしまわずに、一度持ち帰って翌日になってからサインをするのも賢明な方法です。

帯広市の賃貸物件は間取りが広いだけでなく、アメニティが整っているものが多くファミリーにも人気があります。